日本の包茎の実体は?

包茎でこんなに悩んでいるのは自分だけではないかと悩んでいませんか?しかし、日本人男性の包茎率は80パーセントとも言われています。ですから悩んでいる人は案外多いものですし、女性もそこまで気にしていないのが現状です。ただ、包茎の種類によっては早めに手術をしたほうが良い場合も有るそうです。一番多いのが「仮性包茎」で、この場合は自分で包皮を剥いて亀頭を露出することが出来ます。しかし亀頭を露出すると締め付けが有って腫れてしまうような「カントン包茎」や亀頭を露出させることが困難な「真性包茎」の方は症状が深刻なケースも有ります。

治療はどんなことをするのだろう?

手術は痛くて怖そうと思いませんか?しかし早い人では20分ほどで終わってしまい、日帰りの手術で終わるそうですよ。また、麻酔をするので痛くないそうです。また、手術で心配なのが傷跡が目立って包茎手術をしたことがバレてしまうことです。しかし最近の手術では傷跡を目立ちにくく出来るそうです。気になる料金は7~15万位が相場のようです。びっくりするほど高いわけではないのですね。ただこれらは病院によって全く違うので、気になる病院の手術内容は事前にしっかり確認しておきましょう。

包茎手術をして人生が変わる?!

包茎という一種のコンプレックスが解消され、人生が大きく変化する男性は多いのだとか。たとえば銭湯などに行く場合も局部を隠していた人が、気にせず露出できるようになります。これは男として一つの自信になりますね。また、一番包茎で苦労したのが女性との性生活ではないでしょうか。特に包茎男性は普段亀頭が隠れているため、本番だと刺激が強すぎて直ぐにいってしまう「早漏」の人が多いようですが、それが改善されるケースは多いのです。ですから今まで女性を楽しませることが出来なかった人も、夜の性生活を自信を持って楽しむことができそうです。

包茎の場合、亀頭が包皮に包まれた状態のため、汚れが溜まりやすいなどの問題がありますが、専門のクリニックにおいて手術を行うことで改善を図ることも可能です。

包茎治療の詳細はこちら
真性包茎の情報