停電した時などにお得です!

太陽光発電を使ったシステムでは停電した時や災害の時に、自立運転へと切り替えることによって非常用電源として使えますね。自立運転というのは電力会社との売買電で使う電気系統を切って、太陽光発電システムだけを使うことですね。災害が起こったりした時の停電時にその電力を使ってテレビの最新情報を入手したり、携帯電話の充電をしたりやお湯を沸かすといったこともできますよ。太陽光発電システムを使えば、万一の備えになってお得なんですね。

エコ意識が変化して最大で20%の節電も可能!

太陽光発電のシステムが導入されることで、エコ意識が高まるなんていう家庭は多いでしょう。例えば、自分で太陽光発電をして電気のありがたさを理解したことによって、節電するための意識が大きくなって、10%から20%ほどの節電を成功に導いたという家庭がありますね。太陽光発電のシステムを導入している家庭と太陽光発電のシステムを導入していない家庭では、目に見えませんが意識の変化が大変違ってくるんです。このようにエコ意識が高まることによって節電効果が期待できるんですね。

断熱効果のために光熱費がお得に!

太陽光発電を使ったシステムの導入によって、ソーラーパネルでの断熱効果に対する実証がされていますね。ある研究所の話では夏においてはソーラーパネルの温度が70を記録した時に、屋根の下地の板の温度がシステムの導入前は49.32で導入後は38.40だったんです。冬ではソーラーパネルの温度が-5の時に、導入前が8.12で導入後が13.35でした。太陽光発電のシステムを利用している家庭は断熱効果のために、温度が暑い夏では10.92も低く、寒い冬では5.23も高かったんですよね。このように室内を快適に過ごせるだけではなくて、室内の冷暖房に掛かるお金の節約にもなるんですね。

太陽光発電を実施するには、多額のコストが発生することがあり、様々な助成金を活用することも良いでしょう。